ぜつぼうと希望のくりかえしだけど

いろんな沼に浮いてます

男子限定ライブへのお誘い~!!!!

スポンサードリンク

 

男子限定ライブが埋まっていない……?っぽいですね。一般発売でもまだ売り切れていない様子。女子の観覧シートを入れるかも?と本気で言われはじめているみたいなのですがせっかく男子限定と銘打ったのなら男だらけのライブをして欲しいなーという思いもあるし、ぶっちゃけ観覧シートもしできたとしても23日に横浜まで行けないんだよーーーーー!エントリーすらできない地方民。それなら男子だけでやって欲しい!!!!(嫉妬)という想いもあるのでここで一人でも多くの男子に福山雅治のライブに行ってくれ〜!!!!!!ということで福山ライブの魅力及び福山雅治の魅力を書き散らそうと思います(いきなり)といってもわたしは音楽の専門知識があるわけではないのであしからず。

 

と思ったら記事が完成する前に(笑)男子だけで決行に決まりましたね〜!!!!(パチパチ)スカスカではないにしろ完売とは言えない冷静と情熱の間くらいのいりらいしのでガチな男子ファンの為にも埋まってくれ

 

ミュージシャンとしての一面

 

福山ファン以外の友達には意外(?)と俳優じゃないの?と言われてしまうくらい俳優のイメージが多々ある。古くは「ひとつ屋根の下のちぃ兄ちゃん」最近では「ガリレオの湯川先生」そして大河ドラマにも主演してしまい「龍馬伝坂本龍馬」と俳優としての出演本数はさほど多くはないわりに印象的な役を演じることが多いためだと思う。しかしながら俳優の片手間に音楽をしているわけではなくて福山さんは作詞、作曲をこなす人でもある。初期は作曲してないこともあったけれど、現在ではほぼ自分で曲作ってるんですよ!!!!(ここ重要)

 

例えば自分が出演していたドラマ「ガリレオ」 のオープニングや湯川先生が閃いて急に地面や壁に数式書いちゃう場面!で使われていたインスト曲

 

 

VS~知覚と快楽の螺旋~も自分で作曲、アレンジもこなしています。ファン以外にはほとんど知られてないけど!!!!!!!!(泣)

 

 ドラマのオープニングテーマ。福山がインストゥルメンタルを手掛けるのは、今回が初めてであった。ドラマの台本も出来ていない段階でオファーを受けたので、原作小説を読んだイメージ(小説のままのイメージではなく、小説がドラマになるイメージ)で書いた楽曲。Aメロ、Bメロ、サビでギターの音色を変えており、曲中でディープパープルの楽曲「ハイウェイスター」のフレーズが取り入れられている。

 

ガリレオ オリジナル・サウンドトラック - Wikipedia

 

 

 

 

 

 老若男女が楽しめるライブ

 

ファン層は40代〜30後半が多いかなという印象だけど2010年の龍馬伝以降はもう少し上のお姉さま方も増えてきたし、親子でファンなのか10代の子も増えてきてる(わたしの世代は結構谷間だと思う)基本手拍子系が多いので音楽にノルのが恥ずかし!手なんて挙げれない!という恥ずかしがりやの人でも福山さんの音楽と歌に簡単にノルことができる。逆に激しい暴れる系のライブが好きな人には少し物足りなさを覚えるかもしれないけどライブに行ってみたいけどどんなところかわからなくて不安……という人には行きやすい環境ですね(もちろん指定席)

花道もあるし、パシフィコ横浜やドームクラスなど大きめの会場ではフロートに乗って回ったりする演出も過去にはあったので後ろの席の人でも肉眼で見えるチャンスがある!……かも。

 

もちろん!歌と演奏は最高のものをお届けします(断言)福山さんの演奏を支えてくれるチーム福山の皆さんがまた豪華なんですよー。

 

ギターの小倉博和さんはap bank fesでサポートメンバーとしてギター弾いてる姿を見たことある人がいるのではないでしょうか。キーボード、そしてチーム福山のキャプテン、井上鑑さんはTOKIO長瀬智也さん主演のドラマ「泣くな、はらちゃん」の音楽を担当していました。

 

本作における音楽は重要なモチーフであり、エンディングテーマの「リリック」(TOKIO)を除く歌曲は、音楽担当の井上鑑が作曲・編曲し、作詞は脚本の岡田惠和が手がけている。中でもオープニングテーマの「私の世界」は、越前さんの心を表現した内容で、挿入歌としても繰り返し重要な場面に登場する。

 

泣くな、はらちゃん - Wikipedia

 

「泣くな、はらちゃん」オリジナル・サウンドトラック

「泣くな、はらちゃん」オリジナル・サウンドトラック

 

 

日本を代表する方々がサポートしてくれているし、福山さん自身も完璧主義者というかライブに向けて最高調に仕上げてくるのでクォリティは高いです。どの日のライブに行っても安定した歌声を聴かせてくれる。

 

福山ライブ=安定クオリティ

 

ギターをがんがん弾く曲から歌い上げる曲、そして弾き語りまでいろんなタイプの曲が聴けるのも魅力です。ここ数年はライブに行くと桜坂や家族になろうよのイントロが流れてくると「おぉーーー(感嘆)」な歓声が聴こえてくるけれどそういった代表曲もはずさずに!やってくれます。ファン的にはもうお腹いっぱいだよ……とおもうこともあるんですけどね。ライト層にもポカーンとさせない要素もセトリにいれる。ライト層に優しいライブ~!!!!!

 

そして毎年年末に行われる「感謝祭」と銘うたれるライブは全国ツアーよりも倍率が高くてFCに入っていてもチケットがなかなか当たらない!取れない!ってこともあるのですが(今年の感謝祭の横浜公演は特に倍率高いと思う)

 

男子限定ライブなら一般でも買えちゃうよ〜!!!!!!(宣伝)

 

福山雅治のライブがはっきり言って一般発売ですんなりチケットを買えるなんて滅多にないと思っていい。正直男子が羨ましい。(女子限定はFC先行でも当たらなかったらしい……)福山ライブに興味ある人は気軽にチケット取れてライブに行くチャンスがすぐそこにあるのだよ〜!!!!!!ってことで当日券も出るみたいなので興味のある男子はぜひ行ってみてください。

 

 

チケット代はお高めだけど豆はるでも(笑)福山さんの曲が好きならライブに行って損はしないです(キリッ)

広告を非表示にする