ぜつぼうと希望のくりかえしだけど

いろんな沼に浮いてます

SMAPがいないことが当たり前になってしまう世界はいやだ

SMAPが解散する』

 

Twitterのトレンドに入っていた「解散」という不穏な文字。ソースが◯◯ゾーだしな……信じたくないな……って思っていたら次の日起きたら現実になっていた。好きなグループがまた解散する。その事実を知ったときどうして?なんで?っていう疑問や怒りや悲しみよりも虚無感が先にきた。ぽっかりと穴があいてしまう感覚があった。悲しいのか悔しいのかよくわからないまま泣いた。1月の騒動から6月に届いた会報での発言。普通だったら安堵するはずの場面でもどこかで気持ち悪さが続いていた。それでも今年は25週年だしコンサート見たいし!!!!!!やってくれるよね?!!!!!!!っていう気持ちと願いをこめて会報と一緒に届いた振り込み用紙でFCを更新したのはつい二週間前のことだ。いまはファンモンが解散したときに感じたのとはまた違う感情で頭の中がぐるぐるしている。グループの活動なんて永遠ではないことをまた思い知らされた。

 

■□■□■□

 

わたしが初めてSMAPを認識したのはいつだろう。記憶を辿って思い返すと愛ラブSMAPという番組ででバスケをしている姿が浮かぶ。このお兄ちゃんたちかっこいいなって思ったのは何かの番組で$10を歌っているのをみたときなのははっきり覚えている。確かそれは小学生のときだった。人生で初めて好きになった芸能人はSMAPだった。高学年になると周りの女の子は学校の休み時間になるとSPEEDの曲を踊りテレビ番組の話を主にしていた。そのなかでもジャニーズ(という括りはまだよくわかってなかったけれど)まだ6人だったSMAPとデビュー前のKinKi Kidsの人気は絶大なだった。SMAPのなかでは誰が好きか田舎の小学生のなかで何度ものぼっていた(ちなみにわたしのクラスでは木村くんと森くんの人気が二分していた)けれど田舎に住んでいて周りの誰もコンサートに行くという発想自体なかったため、毎週スマスマを録画して見たり、ロンバケ勝利の女神、透明人間を楽しみにしてMステに出てるのをみたりするだけで満足していた。わたしの小学生のときの宝物は親にねだって買ってもらったSMAPの下敷きとSMAPが沢山載っていたいわゆるドル誌と呼ばれるMyojoだったりWink upを毎月買ってもらい眺めたり切り抜いたりすることが楽しみな小学生だった。

 

 

 中学にあがり次第にドル誌は買わなくなりいつも使っていたSMAPの下敷きは普通のシンプルな下敷きに変化していったけれど歌番組にでていればSMAP出てるーーーー!!!!ってテレビの前に座ってみていたし、ビューティフルライフの最終回に号泣しそのドラマのなかで木村さんが使っていたアウトドアのリュックを合格祝いに買ってもらって高校に通ったりもした。当時人気絶頂だった浜崎あゆみが好きという典型的な高校生に成長してたためジャニーズというかアイドルが好き!からは離れていったもののテレビに出ていれば見るくらいには好感ももっていた(いわゆるライト層)

 

好きとか嫌いとか関係なくSMAPがテレビの前にいるのはもう当たり前だった。

 

 

そして月日は流れて2010年。ひょんなことから友達に誘われてSMAPのコンサートに行くことになった。場所はナゴヤドーム。他の人たちのライブにはよく行っていたけれどジャニーズのアイドルのコンサートを見るのはこの日が初めてだった。いつもと勝手が違う会場の雰囲気に緊張していた。グッズも何買ったらいいのかよくわからないし中居くんが好き!って理由で中居くんのうちわを購入してコンサートに挑んだ。わたしのなかでジャニーズのコンサート=うちわだった。コンサートといえばただただすごいな〜〜〜と見てた。演出がすごい。ファンの人の声援がすごい。声援がすごすぎて少し面食らった。あと時間が長いwペンラはこのあとコンサート行くこともないし高いしいらないかなーと思って買わなかったけれど買えばよかったな……手持ちぶたさ………と後悔した。2012年のツアーも友達に便乗してコンサートに行けることになった。今度はペンラも買ってうちわも買ってパンフレットも買った。もちろんコンサートは楽しかった。トロッコに5人キュッとなって入って回ってきたときは「ああ……ほんとに存在するんだな(拝む)」って思ったりもした。

 

nishibi-fmb.hatenablog.com

 

 

そして5人旅、27時間テレビのノンストップライブで完全に堕ちた。この日から再びCDを集めだしテレビに出てるのを録画しまくった。2013年ファンモンが解散してライブに行く楽しみが格段に減っていたわたしにとってライブにいかなくてもテレビをつければ誰かしらメンバーが出ていたしスマスマを見れば5人揃ってる姿が見れたしお茶の間からでもじゅうぶん楽しめる存在がSMAPだった。

 

それでもMr.Sツアーがあるのを知ったときは生で見れるチャンス☆って意気込んだしチケットが無事に取れた日からライブに行く日まで指折り数えて待っていた。

 

f:id:nishibifmb:20160815231336j:image

 

 

nishibi-fmb.hatenablog.com

 

 

この日が生でみるSMAP5人の姿が最後になるなんて思ってもみなかった。わたしが行ったの2015年1月の名古屋で「SMAPのツアー2年ごとだけどもう来年だね〜」なんて友達と話してたのにその日はもう来ないことになってしまったのだ。今年は25周年だし楽しみにしていたのに!!!!!華麗なる逆襲パフォーマンスしてるの生でまだみれてねぇよ!!!!

 

 

どうしてこんな結末になってしまったんだろうか。

 

事務所内のいざこざ、都合のいいようにマスコミに情報流してる、誰と誰が仲違いしたとか誰々はこう思ってるはずだとか本当のところは当事者にしかわからない。裏側なんてみたくないし実際にメンバー同士仲良しこよしじゃなくてもいい。ファンなんて結局は表の部分しか見れないし自分の都合のよいように解釈するんだから。過去の発言からみてもSMAPのことをあんなに大事に思っていた(と、わたしも思っていた)5人なのにどうしてこうなってしまったんだろう……というもやもや感。

 

ところどころで言われている事務所内のいざこざ関係なく5人が決めたことだったならどうだったんだろう。それでも5人が決めたことなら仕方ないよねって理解はできても自分のなかでは到底納得なんてできないんだろうなーーーーーって思ってる。

 

だってわたしは5人の姿をまだまだ見たかったから。おじいちゃんになるまでSMAPでいて欲しかったし歌って踊っていて欲しかった。その姿を見たかったし見ていきたかった。56枚目のシングルだってあるって信じてたし!!!!コンサートだってもっともっと行きたかったし!!!!!25周年コンサートあると思ってたよ?!!!!!!!

 

 

この変な気持ち悪さの残る幕引きはなんなんだよ。そのことが悲しいし悔しいぃーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!

 

このままだとこの気持ち悪さとともに成仏できない(怨念)小学生から大人になるまでいつの時代もSMAPがいたのにこれから先はSMAPのいない世界になってしまう。2017年はどんな世界になっているんだろうか?このままだとエンターテイメントが嫌いになる。SMAPがいないことが当たり前になってしまう世界はいやだ。自分が思っていた以上にわたしはSMAPが好きだ。

 

2016年6月読書メーターまとめ

2016年6月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1111ページ
ナイス数:3ナイス

はぴまり~Happy Marriage!?~ (1) (フラワーコミックス)はぴまり~Happy Marriage!?~ (1) (フラワーコミックス)
読了日:6月29日 著者:円城寺マキ
orange(1) (アクションコミックス)orange(1) (アクションコミックス)
読了日:6月29日 著者:高野苺
もういちど生まれるもういちど生まれる
読了日:6月28日 著者:朝井リョウ
潔く柔く 4 (マーガレットコミックス)潔く柔く 4 (マーガレットコミックス)
読了日:6月16日 著者:いくえみ綾
武道館武道館
読了日:6月2日 著者:朝井リョウ

読書メーター

ファンを公言したのを後悔した日

そろそろ気持ちを整理したいなーと思って書いている。

 

今までの人生でいちばん追いかけたであろう(ライブに行く的な意味でも)3人の中の1人にスキャンダルな出来事が起こった。身から出た錆だけれど。こんなワイドショーに騒がれる日が来るとは思ってなかった。身から出た錆だけれど(2回目)

 

 

ざわざわしだしたのが6月6日の月曜日の夜。その前日からなんかおかしいな…………?気になるな……と思っていた。いつもなら必ずと言っていいほどしていたライブ後のツイートが日曜日にインストアライブと握手会をしていたのにも関わらずその日のうちになかったからだ。

 

 

 

これ以降ツイートがない。わたしは土曜日の日にあったインストアライブに行っていたのもあって少しひっかかりを感じていた。この時点ではまだ疲れてるのかな~~~体調でも悪いのかな~~~と考えていた(前にも何度か体調不良になってるし)けれど月曜日の夜になってもツイートがない(ざわざわ)普段ツイートする人がしないのがこれは気になる(ざわざわ)

 

 

何か日曜日のライブであったのかな?とTwitterで検索をかけてみた(ネット便利)とある番組の公式Twitterのアカウントが発した番組内容のツイートでそれをみたファンの人たちがざわざわしてる内容のツイートがちらほら出てきていた。それを見た瞬間

 

 

 

はぁ………………?まじかーーーーー。

 

 

 

第一印象はこれだった。この時点ではまだそんなに重く考えていなかった。今のご時世にタイミング悪っ!!!!!!!!とさえ思っていた。よくある話だよね………まぁ………あるかもなとさえ思った。映画の宣伝かな……話題づくりかよwwwwってな感じでツイートしていたとある番組でしか取り上げられない小さなニュースだと思っていた。けれど徐々にあの番組でも取り上げられるらしい。他の番組でも?えぇ………?相手は芸人の嫁………?まじか………みたいにどんどんどんどん膨らんでいっているのがわかってきた。フライデーに撮られた時も結婚の報告も解散の報告も報道が放送されるより先にブログを真っ先に更新してくれてたからこの件について釈明なりをブログに書いていくれるのかなって思っていた。その夜は自分でもびっくりするくらいあまり眠れなかった。

 

 

結局ブログの更新もないまま朝起きていちばんに見た実際のニュースは「世の中にもよくあることだよね………うん」とは言えないくらいどん引きの内容だった。いや~~~ここまでバカでアホだとは思わなかったよ~!!!!!!!百万歩譲って不倫はあるかもしれない。自分の妻が妊娠中に不倫するっていうのは世の中にまあある話で(自分がされたら絶対いやだけど)

 

それでも自分の子どもがまだ小さいのにもかかわらず他の女の(それも友だちの嫁だった人の)子ども作るとか何事………!!!!!!!できたらまずいような関係ならば尚更できないようにすればいいじゃん???夫婦は嫌になったらバイバイすればいいけれど子どもにとっては一生の問題だよ……親は選べないんだよ……。自分の子も相手の子も生まれてきた子も背負うものが大きすぎるよ。

 

嫁のことも一般人とはいえ元マネージャーさんだったから昔はライブ会場で見たことあるし喋ったことあるし複雑すぎる件←

 

この日は解散発表したときよりさらにLINEが鳴り響き続け職場に行けば「大変なことになってるね!!!!!!!笑」と職場の人に散々言われた日になった。

 

 

ファンだと公言したのをこれほど後悔した日はない。爆

 

 

それからいろいろと動きがあった。ベキゲスの件を参考にしたのかwッて思うくらいかなり迅速な対応だったと思う。

 

 


ファンキー加藤、W不倫騒動謝罪 活動休止の予定はなし「一生をかけて償う」

 

謝罪会見をして予定に入っていた始球式を予定通り行いブログを更新し 

 

 

ameblo.jp

 

奈良の町おこしイベントへ参加し週末には映画の舞台挨拶

 

www.excite.co.jp

 

 

 

キャンセルすることなく予定に入っていた仕事をこなしているみたいだった。(実際に現場に行ったわけではなくワイドショーを見た)映画公開と新曲発売が重なってタイミング悪くイベントもテレビ出演もいつになく多い週だったから会見後も何かとテレビで収録済みの番組を何本も見かけた。全てにおいてタイミング悪い(爆)

 

 

謝罪会見の動画は心を無にして聞いたし更新されたブログを読んで、冒頭のご心配をおかけしてにはぁ???ってなったり

 

 

あ”ぁ~~~

 

イラつく!!!!!!!!!!!!!!

 

 

ショックを通り越して段々と加藤さんに苛ついてきてる自分がいた。

不倫は夫婦、家族同士の問題でファンはかやの外なわけでマスコミや世間の人がどう思おうと夫婦で解決済みならそれでいいんじゃない……ねぇ……って思うしかない。って思うしかないじゃない!!!!!!!(言い聞かせ)

 

それでも曲までもが汚れていくのはすごく残念だ。例えば天使と悪魔という曲。この曲ファンモンの曲でもライブでもほとんど歌われてないしマイナーな曲なんだけど*1詞の内容が内容だけに発覚した後マスコミやネットでいじられててwww草生えるしかなかったwwwそれもこの曲加藤嫁もマネージャー時代にコーラスというかガヤで参加してるんだよwwww

 

それに今まで売りにしていた応援歌やラブソング、今はもうどれもこれも嘘くさく感じてしまう。ソロになってからの曲は仕方ないにしても3人で出した曲までもこうなってしまったのは悲しい。それこそモンちゃんやケミちゃんは無関係だし、モンちゃんはまだ業界にいるけれどケミちゃんは一般人になったわけで週刊誌にこの件で追いかけられるのもなんだかな……と思ってしまった。ソロになってからはほとんどライブにも行ってなかったけれどファンモンまでも、熱く全国追いかけていた日々までも否定されたみたいでそこがイラつく原因なのかもしれない。

 

タイミング悪く

 

nishibi-fmb.hatenablog.com

 

この事件が発覚する2日前にライブに行って握手までして話してきたのもあってまじか……度が高い事件だった。セントレアのときはもう週刊誌に載るのわかってたのかなーとか思っちゃったよね。

 

 

これからの活動どうするんだろうね……。今まで築きあげてきたものが崩れるのってあっという間でわたしの中の楽しかった思い出たちが崩壊するのもあっという間だった。

 

テレビの中やライブで見せてる姿以外には結局ファンなんて本当の姿なんて何にも知らないしわからないんだと思い知らされた。できれば本当の姿なんて見たくもなかったし何も知らないままのが幸せだったなって思う。今はもう何も響いてこない

 

*1:セカンドアルバム「ファンキーモンキーベイビーズ2」収録